本のページ

SINCE 1991

韓国の“国民エッセイ”『本当に大切な君だから』が日本上陸! NCT、Stray Kids、元IZ*ONEほか名だたる韓国スターたちが愛読

キム・ジフンさん著『本当に大切な君だから』(訳:呉永雅さん)

キム・ジフンさん著『本当に大切な君だから』(訳:呉永雅さん)

韓国で50万部突破のベストセラー、キム・ジフンさん著『本当に大切な君だから』(訳:呉永雅さん)がかんき出版より刊行されました。

 

韓国で国民エッセイと呼ばれた大ベストセラー、名だたる韓国スターたちの愛読書がついに日本語訳!

SHINee、NCT、NU‘EST、Stray Kids、SF9、元IZ*ONEほか人気K-POPグループのメンバーや、俳優ナム・ジュヒョクさんなど、名だたる韓国スターたちも愛読しているとされ、SNSでも話題になった本が日本語訳されました。

本書では、3部に分けて50編以上のエッセイが収録されています。

◆Part1 きみへのなぐさめ
◆Part2 愛を語る
◆Part3 悩むきみへ

 
Part1からPart3まで、根底に共通するテーマは、わたしたちにとって「ほんとうに大切なこと」。そして、“誰もがありのままで大切な人なのだ”というメッセージ。「わたしたちはありのままで十分に愛され、また幸せになれる」、誰が読んでも共感でき、語りかけてくるような文章が心を癒やしてくれます。

 
Part3はさらに7つのパートに分かれ、読者から寄せられた悩みや相談に答えるQ&A形式。
最初から読むのはもちろん、目次で気になったところ、パッと開いたページから読んでもかまいません。

 
ひとりでいてつらいとき、自尊心を高め、自分と他人を愛し、孤独と別れを乗り越え、夢の前でもっと勇気がわいてきます。そして、自分の中にある、本当の自由と幸せを見つけるヒントがあります。
著者がこの一冊にこめた温かい真心が、きっとみなさんにも届くはずです。

 

大切なものを、この世の中から守っていこう。 ~本書「はじめに」より抜粋~

ぼくは、人にとって一番悲しい瞬間というのは、ほんとうに大切なものを失った瞬間だと思うんです。自分をもっとよく見せようと、華やかに見せるための仮面や、それによってつくられる演劇のような人生。そのせいで、ほんとうの自分を知る人はこの世のどこにもいないという孤独感と、自分ですらほんとうの自分を大切にできていないという自責の念に苦しみ続ける……。

 
だから「ほんとうに大切なこと」というのが本書のテーマになりました。自分のほんとうの心を取り戻すことだけが、心から幸せになれる道であり、誠実に相手に心を開くことだけが、他人と心を通わせ、なぐさめや喜びの花を咲かせる道なのだから。そして、テーマだけで終わらないよう、もしかしたら悩んでいるかもしれないあなたのために、あなたの心になぐさめと喜びの花を咲かせられるようにと祈りながら、心をこめてぼくの思いを綴りました。

 
ぼくたちのほんとうに大切な心を取り戻して、忘れていた存在理由を思い出し、生きる目的に常に真摯でいながら成長できたら、それこそがほんとうの幸せだと思います。
目の前の苦しみや傷、それはぼくらを成長させてくれる大切な宝物だから、今のあなたは、つらくても絶対に大丈夫だと伝えたいです。

 
ぼくからの応援が、永遠にこの宇宙に残ってあなたを守り、幸せにしてくれることを心から祈ります。

 

本書の目次

プロローグ

Part1 きみへのなぐさめ

Part2 愛を語る

Part3 悩むきみへ

エピローグ

日本語版に寄せて おわりに

 

著者プロフィール

 
■著者:キム・ジフンさん

人々の幸せのために文章を綴る作家。長い苦しみの末に幸せを見つけ、周りの人々にも幸せになってほしいという思いから執筆をはじめた。書き溜めたものが多くの人に支持されるようになり、作家としての活動の支えとなっている。癒やしを求める人々に心を寄せたフェイスブック「真心の花一輪」とインスタグラムに文章を投稿している。

韓国で50万部のベストセラー(2021年12月時点)となった本書は、著者の日本語初翻訳。

★Instagram[@artist_jihun]:https://www.instagram.com/artist_jihun/

 
■訳者:呉永雅(オ・ヨンア)さん

翻訳家。在日コリアン3世。慶應義塾大学卒業。梨花女子大通訳翻訳大学院修士課程卒業、同院博士課程修了。2007年に第7回韓国文学翻訳新人賞を受賞。

訳書に『世界の果て、彼女』『風船を買った』(クオン)、『悲しくてかっこいい人』『話し足りなかった日』(リトルモア)、『すべての瞬間が君だった』(マガジンハウス)、『秘密を語る時間』(柏書房)などがある。

 

本当に大切な君だから
キム・ジフン (著), 呉 永雅 (翻訳)

「ぼくたちの大切なものを
この世の中から守っていこう。
この世に奪われてしまった
ぼくらの大切なものを再び取り戻そう。
そして、幸せになろう。
ぼくたち、絶対に大丈夫だよ」

 
【出版社からのコメント】
韓国で国民エッセイと呼ばれ、50万部の大ベストセラーになった本です。
「小説でもないのに400ページもあるの!?」と思うかもしれませんが、目次で気になったところ、開いたページだけでも読んでみてください。
ひとりでつらいとき、自尊心を高め、自分と他人を愛し、別れを完成させ、夢の前でもっと勇気を出させてくれます。
そして、自分の中にある、本当の自由と幸せを見つけるヒントが書いてあります。
著者がこの一冊にこめた温かい真心が、きっとみなさんにも届くはず。
普段、口にだして言えない自分の思いをこの本のせて、大切な人へのプレゼントにいかがですか?
(編集・W)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。