本のページ

SINCE 1991

藤原辰史さん「B面の岩波新書」緊急寄稿「パンデミックを生きる指針」を音声化 「audiobook.jp」で無料配信

藤原辰史さん「B面の岩波新書」緊急寄稿「パンデミックを生きる指針」を音声化

藤原辰史さん「B面の岩波新書」緊急寄稿「パンデミックを生きる指針」を音声化

株式会社オトバンクは、4月2日に岩波書店が運営するWebサイト「B面の岩波新書」 (https://www.iwanamishinsho80.com/https://www.iwanamishinsho80.com/)に「緊急寄稿」として公開され、41万PV(4/23現在)を超すなど大きな反響を呼んだ「藤原辰史:パンデミックを生きる指針 ―― 歴史研究のアプローチ」を音声化し、同社が運営するオーディオブック配信サービス「audiobook.jp」で4月27日より無料配信をスタートしました。

 

「パンデミックを生きる指針 ―― 歴史研究のアプローチ」無料配信について

コロナウイルスの影響が広がる中、過去に人類が経験した類似の危機と現在の状況を歴史的観点から冷静に比較して指針を示した藤原辰史さんの寄稿「パンデミックを生きる指針」は、岩波書店運営のWebサイト「B面の岩波新書」にて4月2日から公開されており、現在PDF版でもダウンロードが可能です。

 
現在の状況を歴史的にとらえ、パンデミックの状況下でいかに社会と向き合い、生き延びていくかを考えるきっかけとなるこの寄稿文をより多くの方に届けるため、寄稿者の藤原辰史さんおよび岩波書店の協力により、音声化が実現しました。

 
ナレーター・岩崎了さんの朗読による約40分の音声版は、4月27日よりaudiobook.jpにて無料で利用できます。また、audiobook.jpの聴き放題プラン(初月無料/30日後から月額750円)に登録されている方も聴き放題対象作品として利用できます。

 

岩波新書 編集部からのコメント

2020年4月2日に『B面の岩波新書』にアップされた直後から大反響を呼んでいる藤原辰史氏による緊急寄稿「パンデミックを生きる指針――歴史研究のアプローチ」(4月23日現在、閲覧数は41万5905)。その全文を、この度オトバンクさんによって、いち早く、音声版として無償提供していただけることになりました。

同時代に生きる歴史学者としての矜持を貫いて、今我々を襲っている事態の本質に迫り、恥知らずな為政者には鉄槌を下し、脅え立ち竦む私たちには覚醒を促す、魂の訴えです。

時の歯車が回転し、否応なく歴史の大きな転換点に立たされている現在、そして来たる未来において、広く、長く拠り所となる、生き延びるための指針です。

テキストは、上記岩波新書のサイトやコンビニのコピー機から無料でダウンロードやプリントアウトが可能なほか、今後は各書店の店頭でも順次小冊子として配布していただく予定です。(藤原先生のご厚意で、今回は特別に著作権フリーとしていただいています。)

目でも、耳でも、また両方でも、何度でも立ち返っていただきたい、そして1人でも多くの方に広げていただきたい、”言葉のワクチン“です。

 

「パンデミックを生きる指針――歴史研究のアプローチ」 配信概要

■著者:藤原辰史さん

■発行:岩波書店

■朗読:岩崎了さん

★配信URL:https://audiobook.jp/audiobook/257648https://audiobook.jp/audiobook/257648

 
【聴取方法】
◎「audiobook.jp」に登録後、配信URLから「購入手続きへ」をお済ませ下さい。0円で購入できます。
◎また、購入後は「audiobook.jp」アプリで聴くことができます。
・App Storeページ:https://app.audiobook.jp/ioshttps://app.audiobook.jp/ios
・Google Playページ:https://app.audiobook.jp/androidhttps://app.audiobook.jp/android
◎「audiobook.jp」の聴き放題プラン(初月無料/30日後から月額750円)でも利用できます。

 

藤原辰史さん プロフィール

藤原辰史(ふじはら・たつし)さんは、1976年、北海道旭川市生まれ、島根県横田町(現・奥出雲町)出身。京都大学人文科学研究所准教授。専門は農業史。

著書に『給食の歴史』(岩波新書、2018)、『分解の哲学』(青土社、2019)、『トラクターの世界史』(中公新書,2017)、『戦争と農業』(集英社インターナショナル新書、2017)、『カブラの冬』(人文書院、2011)、共編に『現代の起点 第一次世界大戦』(全四巻、岩波書店、2014)など。

 

オトバンクについて

株式会社オトバンクは、音声コンテンツを中心とした事業を展開し、「聞き入る文化の創造」「目が不自由な人へのバリアフリー」「出版文化の振興」の達成を目指している、日本最大の配信数を誇るオーディオブックカンパニーです。

500社以上の出版社と提携し、主な事業として、日本最大のオーディオブック配信サービス「audiobook.jp」(https://audiobook.jp/)でのオーディオブック販売をはじめ、オンラインブックガイド「新刊JP」(http://sinkan.jp/)を中心とした書籍のプロモーション事業も行っています。

★URL:http://www.otobank.co.jp/

 
<audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)>

オトバンクが運営する、日本最大のオーディオブック配信サービスです。2007年より配信を開始した「FeBe」からリニューアルし、2018年3月よりサービスを開始。現在約 27,000本のコンテンツを配信し、オーディオブックのカテゴリー普及に向けてプラットフォームの拡大を目指します。

★URL:https://audiobook.jp/

 
【関連】
「パンデミックを生きる指針――歴史研究のアプローチ」のオーディオブック – audiobook.jp
藤原辰史:パンデミックを生きる指針――歴史研究のアプローチ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です