本のページ

SINCE 1991

松下幸之助さん没後30年で『松下幸之助物語』読書感想文コンクールを開催

『松下幸之助物語』表紙

『松下幸之助物語』表紙

PHP研究所は、渡邊祐介さん著『松下幸之助物語』(2019年9月18日発売)の刊行にあたり、小・中学生を対象にした読書感想文コンクールを開催中です。

2019年は松下幸之助さん没後30年の節目でした。本コンクールは、そうした節目の年に、松下幸之助さんの「行き方 考え方」を通じて、読書の楽しさ、学ぶ喜びを知ってもらうことを目的に、パナソニックミュージアムと共同開催するものです。

 

誰にでも成功する道がある…『松下幸之助物語』について

9歳から丁稚奉公をはじめ、一代で世界的企業を創り上げた松下幸之助さんは、なぜそのようなことができたのか。

 
本書は、家族を病気でつぎつぎに喪い、自身も生涯病気がちでしたが、逆境にめげず、自ら成長しながら人生を切りひらいていった幸之助さんの生涯を描く伝記です。

主に小学中学年以上、中学生を対象に、「誰にでも成功する道がある」ということを訴えるノンフィクションとなっています。

昭和平成から令和の時代となっても、努力すること、あきらめないこと、夢を持ち続けることなど、人生において大切なことを、幸之助の歩みを通して実感することができます。

 
著者は、松下幸之助研究・日本経営史研究をすすめるPHP研究所「理念経営研究センター」代表の渡邊祐介さんです。

 

読書感想文コンクールの開催趣旨

2018年はパナソニック株式会社(元・松下電器産業株式会社)創業100周年、2019年は松下幸之助さん没後30年の年でした。

本コンクールは、そうした節目の年を迎え、子どもたちに松下幸之助さんの波乱の人生とその「考え方」を学び、生きる知恵を人生に生かしてほしいとの願いから、PHP研究所とパナソニックミュージアムが共同開催するものです。

本コンクールでは、全国の子どもたちの参加を広く募るものですが、松下幸之助さんが門真市の名誉市民第1号であることから、門真市、門真市教育委員会が後援します。同市では、「郷土の偉人に学ぶ」というコンセプトで、市内の小中学生の参加を促します。

なお、コンクールの審査委員長は、絵本・児童文学作家、日本児童文芸家協会常務理事の山本省三さんがつとめます。

写真右から 山田昌子さん(パナソニックミュージアム館長)、宮本一孝さん(門真市長)、渡邊祐介さん(PHP研究所理念経営研究センター代表)

写真右から 山田昌子さん(パナソニックミュージアム館長)、宮本一孝さん(門真市長)、渡邊祐介さん(PHP研究所理念経営研究センター代表)

■主催:株式会社PHP研究所・パナソニックミュージアム
■後援:門真市、門真市教育委員会
■協力:全国PHP友の会

 

『松下幸之助物語』読書感想文コンクール 募集概要

渡邊祐介さん著『松下幸之助物語』(PHP研究所)を読んでの感想文を、全国の小中学生から広く募集します。

■原稿について
◎小学生の部(4~6年生)…800字以内(400字詰め原稿用紙2枚以内)
◎中学生の部…1,200字以内(400字詰め原稿用紙3枚以内)

■募集期間:2019年12月10日(火)~2020年2月10日(月)

■応募先
〒601-8411
京都市南区西九条北ノ内町11 (株)PHP研究所内
PHPしあわせファクトリー「『松下幸之助物語』読書感想文」係

■賞・表彰
入選作は2020年2月下旬にパナソニックミュージアム、PHP研究所のWebサイトで発表します。3月1日(日)からパナソニックミュージアムにて作品展示、2020年3月7日(土)に同館で表彰式を行う予定です。

◎大賞:小学生の部(1名)=図書カード 5,000円/中学生の部(1名)=図書カード 10,000円
◎優秀賞:小学生の部(3名)=図書カード 3,000円/中学生の部(3名)=図書カード 5,000円
◎パナソニックミュージアム賞:小学生の部(2名)=オリジナルグッズ/中学生の部(2名)=オリジナルグッズ
◎PHP賞:小学生の部(2名)=書籍/中学生の部(2名)=書籍

※詳しい応募要項は、https://konosuke-matsushita.com/news/events/konosukemonogatari-kansobun.php をご確認ください。

 

松下幸之助物語 一代で世界企業を築いた実業家 (PHP心のノンフィクション)
渡邊 祐介 (著)

9歳で火鉢店の小僧になる。父母きょうだいが次々に死去。生涯、病気がち……。この本で紹介しているパナソニック創業者・松下幸之助の人生は、波乱に満ちたものであったが、幸之助は数々の逆境を乗り越え、偉業を成し遂げていく。
1964年9月には、アメリカの世界的な写真雑誌『ライフ』が日本特集を組み、松下幸之助のことを日本を代表する人物として8ページにわたって掲載。その記事で幸之助は、1最高の産業人、2最高所得者、3思想家、4雑誌発行者、5ベストセラー著者、という5つの顔をもつ人物として紹介されている。
松下幸之助はなぜ成功することができたのか。そもそも成功とは何なのだろうか。本書では、若い人たちに松下幸之助のものの見方・考え方を知ってもらうべく、自ら成長しながら人生を切りひらいていった前半生を中心に描いてある。
誰にでも成功する道があることを教えてくれる、小学高学年以上向けのノンフィクション。

 
【関連】
〈小学校4~6年生・中学生対象〉児童書『松下幸之助物語』の読書感想文コンクールを開催します! – ニュース | 松下幸之助.com

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です